CSR基本方針

トヨタカローラ熊本は、法及びその精神に基づき、オープンでフェアな企業活動を通して、地域になくてはならない信頼される企業を目指します。加えて、地球環境の保全、豊かな車社会の発展に貢献する為、以下の通り全社員の行動指針として、CSR基本方針を定めます。

【お客様に対して】 … 誠心誠意
•お客様が安全に、安心して、豊かなカーライフが送れるよう、お客様第一をモットーに、真に満足いただける優れた商品とサービスの提供に努めます。
•道路運送車両法、消費者契約法、自動車公正競争規約など関連法令およびその精神を遵守し、ルールを守り、お客様に信頼される営業活動を推進します。
•個人情報保護法に基づき、お客様の個人情報の漏洩・盗用が発生せぬよう情報の適切な保護・管理の徹底に努めます。


【社会に対して】 … 地域貢献
•事業活動を通じ環境保全に努め、地球環境・地域社会との調和ある成長を目指す企業風土作りを推進します。
•良き企業市民として法令を守り、人間性を尊重し、社会秩序維持の経営を実践します。
•地域に密着したボランティア活動等を通じて、社会貢献活動を積極的に推進し、豊かな車社会の発展に貢献します。
•企業責任として、事故、違反を発生させない交通安全対策へ積極的に取組みます。


【取引先に対して】 … 共存共栄
•取引先を尊重し、より良いパートナーシップの実現に取組みます。
•独占禁止法、下請法などの関連法令およびその精神を遵守し、倫理的に正しい行動をし、公正かつ自由な取引を行います。
•公正さを疑われるような贈呈や接待をしたり、受けたりはしません。


【従業員に対して】 … 個人尊重
•相互信頼・相互責任の精神に則り、従業員が誇りを持って、生き生きと働きがいが持てるよう、個々人の考え方や立場を尊重します。
•教育・研修等を通じて人材育成に努め、従業員が誠実に仕事に取組み、新しい価値の創造を目指せるよう、個々人の自己啓発・成長を支援します。
•安全で健康的な明るい職場環境作りを目指します。
•従業員情報を慎重に取扱うとともに、適切な情報開示に努めます。

トヨタカローラ熊本株式会社
代表取締役会長 梅﨑 輝也
代表取締役社長 西 治三朗

  1. CSR基本方針